MENU

年金受給者ではキャッシングで借りるのは困難か

 

キャッシング利用を検討する方々は、状況は多彩です。中には、やや年齢が高めな方々もいます。年金受給者などは、それで借りようと思うケースも多々ある訳です。年金受給者となると、少なくとも40代などのサラリーマンと比べると厳しい傾向はあります。しかし、借りる事ができる会社もあるのです。

 

1.年金受給者にとっては年齢がポイント

 

年金受給者の場合は、まず年齢が一番重要なポイントになるでしょう。そもそも人々がどこかの商品を利用するとなると、年齢に関する制限が生じる事は多々あります。アルコールやタバコなどは、それに該当します。年齢が低いと、買う事は難しいでしょう。キャッシングにもそれはありますが、年齢が高めな方々は難しい事はあるのです。完済時の年齢が一定以下かどうかは、重視されます。

 

2.完済時に69歳かどうか

 

例えばある金融会社では、最高年齢は69歳と設定しています。そういった状況ですと、やはり70歳の年金受給者などは原則困難ですね。それでポイントは、「完済時」という点です。申込時ではありません。したがって69歳になった時に新規申込をしても、お断りになる事はあります。もちろん金融商品によっては例外もあって、新規申込時で69歳でも問題無いケースもあります。それこそ、商品次第と言えるでしょう。全般的に年金受給者でも可能なキャッシングは、最大69と設定されている事が多いですね。70歳は、少し厳しいと考えた方が良いでしょう。

 

3.地方銀行は借りられる事が多い

 

それで年金受給者としては、具体的にどういう会社なら問題無いか気になる事もあります。一般的には、銀行が多いですね。賃金業者などは、やや難しい傾向があります。とりわけ地方銀行などは、年金受給者にも積極的に融資を行う傾向があります。全般的にメガバンクなどは、年金受給者は少し厳しいです。このため居住地域などは、1つのポイントになるでしょう。地方銀行などは特定地域に居住する方々でないと、融資が難しいからです。

 

以上を踏まえると、

 

・年金受給者は70歳以上では難しい傾向がある
・賃金業者による融資は厳しい
・地方銀行では融資可能なケースが目立つ
・所定地域に居住中かどうかがポイント

 

こういった事が言えます。

 

地方銀行へ相談してみる

 

結局は、年金受給者でも借りる事が可能なキャッシングは存在する訳ですね。自宅近くに地方銀行があるなら、申込に関する相談をするのも一法です。ただ上記でも触れた通り、さすがに地方銀行でも70歳以上は難しいです。年金受給中なら、70歳になる前までに申込を済ませておく方が良いでしょう。